現役医師によるお薬の正しい使用法と解説ブログです。ジェネリック医薬品とブランド医薬品の違いやお薬の正しい服用方法などを解説。

‘病気の解説’ カテゴリーのアーカイブ

偏頭痛イミグランの病乳への影響を防ぐには

2012
08/31

妊婦とイミグラン母乳で子供を育てている方から、偏頭痛のイミグランの安全性や、使い方に関してご質問をいただきました。
(以前にも、“偏頭痛イミグランの病乳への影響”で少し触れさせていただいておりますので、ご覧になっておられない方は、お読みいただけると幸いです。)

もともと偏頭痛持ちの方でも、妊娠中は偏頭痛の発作が減り、落ち着くことが多いですが、出産された後は、再び偏頭痛が出てくることが多いです。母乳で育てている期間は、数時間毎の授乳があり、子供への影響や、ご自身の頭痛で悩まれている方も多いです。 (more…)

降圧薬(高血圧治療薬)

2012
06/12

高血圧ベストくすりさんでも、降圧薬の取り扱いは豊富にあります。私の外来にも高血圧でおかかりの方もいらっしゃいますが、症状がないだけに長期間の処方を希望される方もいらっしゃいます。

ディオバン、ミカルディス、ノルバスクなどを服用されている方は容量によく注意して、同じ量で服用されるといいと思います。 (more…)

片頭痛の治療方法とは

2012
04/25

片頭痛のお医者さん片頭痛の治療には、大きく分けて2種類あります。

具体的には、発作が起こった時に痛みを軽減させる治療と、片頭痛発作の頻度を減らすあるいは頭痛発作時の痛みの重症度を軽減し、頭痛の持続時間を短縮することを目的として予防的治療です。 (more…)

片頭痛(偏頭痛)とは

2012
04/17

頭痛・偏頭痛片頭痛ってご存知ですか?名前くらいは聞いたことがある方も多いと思います。
頭痛に悩まれている方は、もしかしたらただの頭痛ではなく片頭痛かも知れません。

片頭痛を抱えている方の多くが病院に受診されているようですが、片頭痛の診断を受けるまで平均10.4年かかっているというデータもあります。今、頭痛に悩まれている方は、病院行かれて様子をみるように言われている方でも、ご自身の症状にあてはまらないか是非一度読んでみて下さい。

まだ診断されていない方も含め、約840万人の方が片頭痛に悩んでいると言われています。20~50歳代の女性に多く、男性の4倍です。10代から片頭痛が出る方も多くいます。

片頭痛が起こった時には、仕事が通常通りできないくらい、寝込んでしまうくらい痛いという方も多くいらっしゃいます。しかし、“頭痛で休むなんて言えない”と悩んでいる方も多いのが現状です。

840万人のうち、600万人以上は市販の鎮痛剤でしのいでいるか、我慢しているとされます。
市販薬であまり効果がない方も片頭痛であれば良く効く薬もあります。

(*偏頭痛と片頭痛は同じものです。)

次回は、偏頭痛(片頭痛)の症状について詳しく解説したいと思います。

インフルエンザの治療薬について

2012
02/07

個人輸入タミフル日本ではインフルエンザと診断されると昔からタミフルやリレンザ等といったインフルエンザ治療薬が積極的に処方されていましたが、欧米では数年前まで、インフルエンザと診断されても、ご高齢の方や多くの病気をお持ちの方しか処方されず、基本的にはそのまま様子を見ることが多かったようです。 (more…)

プロフィール

先生イラスト

【ニックネーム】すぎやま先生
【性 別】男性 【血液型】A型
【専 門】内科医

バイアグラ・ヘアケア・薬の総合通販のベストケンコー
現役医師への無料相談受付中!