現役医師によるお薬の正しい使用法と解説ブログです。ジェネリック医薬品とブランド医薬品の違いやお薬の正しい服用方法などを解説。

‘すべての記事’ カテゴリーのアーカイブ

ピルの使い方について

2014
07/09

ピルの使い方

ピルの服用開始のタイミングは、月経周期の7日以内であればいつでも構いません。月経が続いている間に服用を開始すれば、他の避妊法は必要としません。

7日以内でも既に月経が終わっていれば7日間だけ避妊を併用することをおすすめします。
28日型ピルを服用する場合には、1周期が終了してそのまま翌日から次のピル周期を開始し、21日タイプでは、7日間の休薬期間をとった後に次のピル周期を開始します。

つまり、いずれの場合でもきちんと服用できれば、同じ曜日から薬が開始されるはずです。
以前は吐き気の副作用を抑えるために就寝前に服用することを勧めることもありましたが、第3,4世代のピルではほとんどありません。

服用時間は大きく違わない方がいいですが、食事とも関係もなく基本的には1日1回飲んでいただければ構わないので、飲み忘れが少ない起床時に服薬する方がいいと思われます。(ご自身の飲み忘れしない時間で構いません。)

(more…)

ニキビなど肌荒れにもピルが効く

2014
07/02

月経痛や避妊に対し、ピルが効果的であることは以前にもご紹介いたしましたが、ピルには肌荒れを抑える効果があるのはご存知でしょうか。しかし、全てのピルで肌にいいわけではありません。肌荒れでお悩みの方だけでなく、これからピルを使ってみようと考えていらっしゃる方にも役立てればと思います。

女性のニキビでピルによるホルモン治療が効果的な方は?

➢ 成人期に悪化した
➢ 顔に皮脂が多い
➢ あごやフェイスラインにニキビが多い

ということが挙げられます。 (more…)

ジェネリックの使い方

2014
03/11

ED治療薬を例にとって説明しましょう。表の左列は最初に開発された(以降、先発品)であり、右は先発品と同じ薬を含有したジェネリック薬品です。ジェネリックの利点は、開発資金がかかっていない分だけ、「安い」というメリットがあります。

先発品 ジェネリック

バイアグラ
カマグラ、カマグラチュアブル
カマグラゴールド
カベルタ
シルジョイ
ベガ
シラグラ
アスランス

シアリス
タダシップ
シアリスソフトタブジェネリック
タダリスSX
エキシラー
メガリス
ブレイザー
フォーゼスト


レビトラ、レビトラOD
ジェビトラ
サビトラ

  (more…)

ジェネリックに関して最近感じること

2014
02/24

薬が発売されてある一定期間が経つと薬の特許が切れて、同じ成分を含んだジェネリック医薬品が複数の会社から発売されます。ジェネリックの最大の利点は安いということです。しかし、週刊誌などで、ジェネリック医薬品の効果が安定していないことがあるといった記事も書かれ、実際皆さん気になるところだと思います。

購入時にも選べるジェネリック

現在日本では、医師がジェネリックに変更不可と処方箋に記載しない限り、薬局で薬を購入する際に患者さん自身でジェネリックにするかどうかを選ぶことができます。

私も日常多くの方を診療させていただき、基本的には多くの方でジェネリック変更不可にはしていません。しかし、ずっと同じ薬で安定されていた方が、ジェネリックに変更したことを契機に、十分に薬の効果が得られなくなることを時々経験します。ジェネリックから元々使われていた薬を使用していただくと、ほとんどの方が改善されるため、一部のジェネリックで十分な効果が不十分であることは否めません。

ジェネリック薬の効果と相性

原因としては、同じ成分の薬が含まれていたとしても、薬の溶けやすさや吸収性などの問題が関係しているようです。

もちろん、全てのジェネリックがというわけではなく、あくまでも一部のジェネリックでということですから、現在ジェネリックを使用していて体調などに問題ないようでしたら使用を継続して構いません。私の外来患者さんも聞かれればジェネリックを使用することは構いませんと返事していますし、その後も変わらない効果が得られるようであれば、継続して使っていただいています。

ジェネリック薬との上手な付き合い方

ジェネリックは安いのが最大の魅力で、上手くつかうことが重要だと思います。次回はどのように使ったらいいかについて私なりに提案させていただきたいと思います。

ED治療薬が効かない

2014
01/13

バイアグラをはじめとした勃起不全(ED)の治療薬は、初回から効くことが多いのは事実ですが、決して数回試してみても十分な効果が得られなかったからといって、合わないわけではありません。

海外の報告によると、バイアグラが効かなかった方の原因としては、使い方を誤っていたという方が多かったようです。具体的には、こっているとした食事の後、性的刺激を行っていない、内服するタイミングの間違い、まだ数回しか試していないなどといった理由の方が80%以上であったようです。再度、使い方を確認していただき、十分な効果が得られるようになった方は、効かなかったと考えていた方の60%程度で効果が得られたようです。

なお、試す回数の目安として4回は最低使ってみていただきたいところです。効かないとあきらめていた方も使い方を確認していただき、再度試していただければ効果が得られるかも知れません。正しい使い方に関しては以前の記事を参考にしていただければ幸いです。

プロフィール

先生イラスト

【ニックネーム】すぎやま先生
【性 別】男性 【血液型】A型
【専 門】内科医

バイアグラ・ヘアケア・薬の総合通販のベストケンコー
現役医師への無料相談受付中!