現役医師によるお薬の正しい使用法と解説ブログです。ジェネリック医薬品とブランド医薬品の違いやお薬の正しい服用方法などを解説。

鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)

2013
04/08

鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)

中国での鳥インフルエンザウイルスの報道をご覧になった方も多いかと思いますが、4月6日の時点での感染者は計18名で、うち死者は6名になっているようです。
まだまだわかっていないこともありますが、現在のところわかっていることを3回にわたり、ご紹介したいと思います。

インフルエンザウイルスH7N9

今回問題となっている、鳥インフルエンザの病原体もインフルエンザAのウイルスの一種で、鳥にかかるのが一般的です。タイトルにも書いたH7N9というのは、今回のインフルエンザウイルスの型で、H7ウイルスの中には、ときどき人に感染するものもあります。十数年前くらいから鳥インフルエンザのことが話題になったことがあるのをご存知の方も多いと思いますが、以前の型(例:H7N2,H7N3, H7N7)とは異なります。通常動物に感染するものと人に感染するものなど型によって異なります。H7N9ウイルスによる人感染は中国からの最近の報告まではありませんでした。なぜ、今になって感染するようになったのかはわかっていませんが、ウイルスが、われわれ人間を含めた哺乳類の中でも増殖できるよう適応してきたことが考えられています。

インフルエンザウイルスH7N9の感染経路

まだ調査中で詳細は分かっていませんが、中国の上海市や浙江省杭州市の4カ所の市場で売られていた鶏やハト、ウズラが、今回のH7N9型のウイルスに感染していたことがわかっています。死亡した上海市の男性が同市場で働いていたり、杭州市の男性感染者もウズラを購入したようです。多くのウイルスは遺伝子レベルでも感染者のウイルスとほぼ一致していることから、感染経路として、病気にかかった鳥やその卵などからの感染の可能性が強いと考えられています。

コメントは受け付けていません。

プロフィール

先生イラスト

【ニックネーム】すぎやま先生
【性 別】男性 【血液型】A型
【専 門】内科医

バイアグラ・ヘアケア・薬の総合通販のベストケンコー
現役医師への無料相談受付中!