現役医師によるお薬の正しい使用法と解説ブログです。ジェネリック医薬品とブランド医薬品の違いやお薬の正しい服用方法などを解説。

高血圧の薬の選び方

2012
08/06

ご自身で高血圧の薬を購入しようと考えていらっしゃる方の中には、どのように調整すればいいのか悩まれている方もいらっしゃると思います。

高血圧で良く使われる2系統の薬の一般的な使い方、調整方法を説明したいと思います。容量(~mg)が重要なので、注意なさってください。

A) ARB いずれの容量でも1日1回朝食後に服用してください。

(ディオバンかミカルディス40mgかは、好みで構いません。販売する会社が違うだけで、大きな差はないと思います。)

B) カルシウム拮抗薬 いずれの容量でも1日1回朝に服用してください。

最初にARBかカルシウム拮抗薬を選択するかは、どちらでも構いません。一般的にはカルシウム拮抗薬の方が安いです。ただ、勃起障害にお悩みの方は、ARBの方がいいとも言われています。

いずれの場合でも、①の容量で開始して、1週間くらい血圧を測ってまだ高いようであれば、②の容量に増やして服用してみて下さい。

それでもまだ高い場合には、もう一種類を併用して、同様に、血圧が高ければ②の量に増やしてみてください。

ご自身で血圧をコントロールされるのであれば、この程度までにしておいた方がいいと思います。これでも、血圧が安定しないようであれば、やみくもに薬を増やさずに受診されることをお勧めします。

いずれの容量を用いる場合でも、薬を半分に切ることによって値段を落とすことができるので、うまく利用なさってください。

コメントをどうぞ

プロフィール

先生イラスト

【ニックネーム】すぎやま先生
【性 別】男性 【血液型】A型
【専 門】内科医

バイアグラ・ヘアケア・薬の総合通販のベストケンコー
現役医師への無料相談受付中!