現役医師によるお薬の正しい使用法と解説ブログです。ジェネリック医薬品とブランド医薬品の違いやお薬の正しい服用方法などを解説。

高血圧の治療方法と管理方法

2012
07/27

高血圧の管理で、大事なのは、塩分摂取を控えることと、有酸素運動(散歩や自転車、プールなど)です。30分程度の運動を週2.3回でもやるといいと思います。

塩分を控える目標としては、1日に6g程度です。日本人は塩分摂取が一般的に多く、平均摂取量で約11gと言われています。実際は6gまで下げることはかなり難しいことですが、少しでも控えることは重要です。

食塩をとりすぎると、薬を飲んでいても効果が出にくい場合もあり、毎日計っていただいている方では、実感されることが多いです。

あとは、飲酒ですね。1日1合ならいいと言われていますが、飲酒によって高血圧となっている方の多くはそれ以上飲まれていると思います。

医師によって指導方法は違うと思いますが、私は、患者さんには機会飲酒程度にしてくださいと伝えています。また、飲酒される方は、おつまみとして、漬物や乾きものなど塩分が多いものを一緒に召し上がることが多いので、そのあたりも注意が必要です。

次回は、治療の目標について書かせていただきます。
血圧の治療の目標って患者さんによって異なります。

家庭での血圧で
若年者、中年者      125/80未満
高齢者          135/85未満
糖尿病、心筋梗塞     125/75未満
脳血管障害後       135/85未満

が治療の目標になります。患者さんによって異なります。

あと、治療をしている上で、よくあることですが、例えばもともと血圧が200/100の方がいたとします。

その方が降圧剤(血圧を下げる薬)を飲み始めて150/90になったとします。まだ、これでも血圧は高いですが、急に血圧が下げると、ご本人はクラクラすることがあり、自分は血圧が高めでちょうどいいんだ!

血圧は200位ないと調子が悪い!と思ってしまうことがありますが、当然それは誤りです。

数日~1週間でその症状は軽快します。そこまで症状が強くなければ、そのまま内服して徐々に体を慣らしていった方がいいと思います。

コメントをどうぞ

プロフィール

先生イラスト

【ニックネーム】すぎやま先生
【性 別】男性 【血液型】A型
【専 門】内科医

バイアグラ・ヘアケア・薬の総合通販のベストケンコー
現役医師への無料相談受付中!