現役医師によるお薬の正しい使用法と解説ブログです。ジェネリック医薬品とブランド医薬品の違いやお薬の正しい服用方法などを解説。

脂質異常症に対する治療方法とは

2012
11/12

脂質異常症に対する治療方法について今日は紹介したいと思います。

薬だけでなく運動や食事療法が必要です。

脂質異常症に対する治療は、薬だけでなく運動や食事療法が必要です。

  • 運動に関して
  • ハードな運動を行う必要はなく、30分程度続けて行えるような有酸素運動を行ってください。走らなくても、散歩やサイクリングなどでも構いません。とにかく、習慣づけて続けることが大事です。毎日でなくても、週2-3回からでもいいので、有酸素運動を行って下さい。

  • 食事に関して
  • 中性脂肪が高い方は、お酒を控える、炭水化物の過剰摂取を避けること。麺類、丼ものなどを減らし、他の栄養素とともにバランスよくとるようにしましょう。
    LDLが高い場合にも、中性脂肪ほどの効果は得られませんが、食事療法を行うことは重要です。以下に、コレステロールを上げる食品、下げる食品を列挙しておきますので、参考にしていただければと思います。

  • コレステロールを上げる食品
  • 脂肪の多い肉、チョコレート、卵黄、インスタントラーメン、ポテトチップス、バターやチーズなどの乳脂肪分など

  • コレステロールを多く含む食品
  • マヨネーズ、魚卵、卵(全卵)、レバー、イカ、タコ、エビ

  • コレステロールを下げる食品
  • 大豆製品、植物油、野菜、果物、海藻類など

食事療法ができない場合には、日本の病院では処方できませんが、以前ご紹介したダイエット効果もある、オルリスタット(ゼニカル, アリー、オベリットなど)を服用すると、脂肪の吸収が抑えられるので、いいと思います。

コメントは受け付けていません。

プロフィール

先生イラスト

【ニックネーム】すぎやま先生
【性 別】男性 【血液型】A型
【専 門】内科医

バイアグラ・ヘアケア・薬の総合通販のベストケンコー
現役医師への無料相談受付中!