現役医師によるお薬の正しい使用法と解説ブログです。ジェネリック医薬品とブランド医薬品の違いやお薬の正しい服用方法などを解説。

育毛内服薬のプロペシアの注意点

2012
02/22

プロペシア男性型脱毛症の治療薬として最も人気があるのがプロペシアという薬です。プロペシアを服用すると、脱毛が抑止されて再び正常なヘアサイクルに戻るため、それまで生えていた抜け落ちやすい毛髪が一時的に抜け落ちることがあります。

“初期脱毛“といい、発毛の過程の一環です。この過程は最初の1カ月に起こり得ます。心配せずに飲み続けることが重要です。次第に抜け毛は減ってきます。

    フィンペシアは1日1錠です。それ以上服用しても効果は変わりません。
    水と一緒に飲んで下さい。食前でも食後でも、いずれでも結構です。
    効果が現われるのに通常3ヶ月以上必要です。
    服用中止によって脱毛の進行が見られるかもしれません。
    プロペシアは男性専用の育毛剤で、女性や未成年者は服用しないで下さい。(手から吸収されることもあるので触れないようにして下さい。)

プロペシアの副作用は?

プロペシアの副作用として代表的な症状は性機能関連です。性欲の減退を感じる人が最も多く、勃起不全や精子の減少が現れることがあります。しかし、いずれも症状としては軽いものが多く、発症した場合も、服用を中止すると早期に回復が見込めます。

プロペシアは病院で処方してもらうと、保険が効かないので病院によっても異なりますが、1錠あたり260~300円弱のところが多いようです。

ジェネリックのフィンペシアはこちらでかなり手に入りますので、今後長く利用されることを考えて選ばれてもいいかも知れません。(1箱あたりの錠数がプロペシア28錠、フィンペシア100錠と異なりますので、ご注意ください。)

コメントをどうぞ

プロフィール

先生イラスト

【ニックネーム】すぎやま先生
【性 別】男性 【血液型】A型
【専 門】内科医

バイアグラ・ヘアケア・薬の総合通販のベストケンコー
現役医師への無料相談受付中!