現役医師によるお薬の正しい使用法と解説ブログです。ジェネリック医薬品とブランド医薬品の違いやお薬の正しい服用方法などを解説。

肥満症治療薬

2013
10/22

ゼニカル以前から海外では肥満病改善薬が発売されていました。腸から脂質を吸収させないようにすることで体重を減少させるとともに、内臓脂肪を減少させる効果があります。日本では発売されておりませんでしたが、武田薬品から発売されることになりそうです。

具体的な日は決まっていませんが、武田薬品によると2013年度中の発売を目指しているようです。

この薬は、体重を減らすだけでなく、LDL(いわゆる悪玉コレステロール)やHbA1c(血糖の高さの指標)も改善するという効果も出ています。

いい薬だと思いますが、残念ながら、日本の病院で使えるのは「糖尿病や脂質異常症を持ち、BMI(体重を身長で2回割った値)が25以上の人」のみが対象です。

BMIの例としては 160cm(=1.6m) 65kgの場合、65÷1.6÷1.6=25.39
大体のBMI25の目安としては

150cm 56.3kg
160cm 64.2kg
170cm 72.3kg
180cm 81.0kg

です。これ以上の体重と、糖尿病や脂質異常症(コレステロールが高い)がないと処方されないということです。

しかしベストケンコーさんでは、日本で発売されるものと同じものではありませんが、海外で既に発売されているものを購入することができます。

どれも大人気で売り切れていることも多い薬です。これらは、基本的に同じ腸からの脂肪分の吸収を抑える薬です。使い方は以前にお書きしましたので、参考にしていただけると幸いです。

コメントは受け付けていません。

プロフィール

先生イラスト

【ニックネーム】すぎやま先生
【性 別】男性 【血液型】A型
【専 門】内科医

バイアグラ・ヘアケア・薬の総合通販のベストケンコー
現役医師への無料相談受付中!