現役医師によるお薬の正しい使用法と解説ブログです。ジェネリック医薬品とブランド医薬品の違いやお薬の正しい服用方法などを解説。

片頭痛への対処法

2012
04/19

片頭痛前回まで「片頭痛(偏頭痛)とは」、「片頭痛の症状とは」の2回に渡りに片頭痛について解説しました。今回は、実際に片頭痛になってしまった場合の対処方について紹介します。

片頭痛の対処法

1. 休む

片頭痛は、症状が起きている間は立ったり動いたりするのもつらい頭痛です。対策としては、静かな部屋で横になり安静を保ちます。可能であれば、眠るのがいいです。眠ることが無理な場合は、椅子に座って静かにするだけでも、痛みの症状は軽くなります。日中に長時間眠ってしまうのは、逆効果になる場合がありますので、1時間程度がいいと思います。

2. 頭を冷やす、もしくは温める

どちらが楽になるかは人によって違いますので、自分に合った方法を見つけてください。

 

片頭痛の予防法

・まぶしい光やうるさい音を避ける

蛍光灯などの明るい光やうるさい騒音、香水の匂いなどが、頭痛を引き起こす誘因になることもあります。また、こうした刺激が頭痛を一層ひどくすることもありますので、光や音の刺激をできるだけ避けてください。また、熱いシャワーを浴びたり、急に冷え込んだりするなどの温度差が、頭痛を引き起こす場合もあります。

・生活習慣改善による治療

片頭痛の発作は、何らかの誘因によって起こります。つまり、発作の予防として大事なのは、発作の誘因になるようなものを減らすことです。生活習慣における誘因として、睡眠不足、睡眠過多(寝すぎ)、過労等による過度なストレス、長時間の一定姿勢の保持、過剰なアルコール摂取などがあります。

・寝過ぎにも注意

片頭痛の発作時には、ひと眠りするのは効果的です。しかし、睡眠をとりすぎるのは禁物です。休日の朝などに睡眠をとりすぎると、片頭痛が起こることが多くなります。また、ストレスをためないことも重要です。

・食べ物には注意が必要です

たとえば、ワインやアイスクリーム、チョコレートなど、特定の食べ物や飲み物をとると頭痛が起こることもあります。誘因となる場合には、控えたほうがよいです。また人によっては、女性ホルモンが片頭痛の誘因になることもありますので、ホルモン剤や避妊用のピルをのむ場合には注意が必要です。

コメントをどうぞ

プロフィール

先生イラスト

【ニックネーム】すぎやま先生
【性 別】男性 【血液型】A型
【専 門】内科医

バイアグラ・ヘアケア・薬の総合通販のベストケンコー
現役医師への無料相談受付中!