現役医師によるお薬の正しい使用法と解説ブログです。ジェネリック医薬品とブランド医薬品の違いやお薬の正しい服用方法などを解説。

抗生物質クラビットの用途と服用方法

2012
03/06

クラミジア薬クラビットクラビットは抗生物質の一つです。ここでは、クラビットの錠剤は、どういう疾患に効果がある説明していきたいと思います。

クラビットに限らず、抗生物質は細菌に対して効果を示す薬です。抗生物質は、通常の風邪はウイルスによる感染症には効きません。何でも抗生剤を使うのではなくて、疾患に合わせて服用なさってください。

なお、妊娠されている方に関しては、クラビットが胎児に影響を及ぼす可能性は否定できないので、なるべく控えた方がよろしいかと思います。

クラビットの服用方法

服用方法に関しては、クラビットジェネリック250mgを1日1回2錠で服用して下さい。数年前までは病院でも1日3回飲むように言われていましたが、1日1回で2錠飲む方が効果が得られることがわかり、現在はこの服用方法になっています。服用期間に関しては病気別に書いていきたいと思います。

副作用は比較的少ないですが、下痢、発疹が続く場合には受診をお勧めします。最近の中でも比較的多くの菌に対して有効ですが、特定の抗生剤に強い菌(耐性菌)も出てきています。

膀胱炎、尿道炎を繰り返す方にはいいかも知れません。(1週間程服用ください。)昨年流行ったマイコプラズマ肺炎にも効きます。また、東南アジア等の“水道水は飲まないように”と言われる地域での下痢ではサルモネラ腸炎、腸チフスなどが多いです。そういう地域に行かれる方で、海外で病院にかかることに抵抗がある方が持っていかれるのにはいいと思います。その場合には1日1回2錠を14日間服用して下さい。

クラミジア治療のためのクラビット

性感染症のクラミジアで以前は良く使われており、現在も処方されることもありますが、クラビットへの耐性菌が増えてきており、最近はジスロマック(アジー1000mg)を1回だけ服用していただくという先生も多くおられます。(心配になる方もおられるかと思いますが、長く効く薬なので1回だけで構いません。)

クラビットでクラミジアを治したいと言う方は、1日1回2錠を1~2週間服用して下さい。クラミジア感染に関しては、また今後、書いていきたいと思います。

コメントをどうぞ

プロフィール

先生イラスト

【ニックネーム】すぎやま先生
【性 別】男性 【血液型】A型
【専 門】内科医

バイアグラ・ヘアケア・薬の総合通販のベストケンコー
現役医師への無料相談受付中!