現役医師によるお薬の正しい使用法と解説ブログです。ジェネリック医薬品とブランド医薬品の違いやお薬の正しい服用方法などを解説。

性病の治療方法について

2012
04/05

性病治療薬アジー1000mg淋病、クラミジアのどちらの場合も抗生物質の治療が必要になります。症状は数日でなくなる事が多いですが完全に死滅していない事があるので、服用してから検査を行い、菌が出ていないことを確認するまで服用することが必要です。

途中でやめた場合は、ぶり返したり、症状が悪化したり、治りにくくなることがあります。

性病かもと思った時に考えなければならない事

性感染症で大事な事は、「ひとりが感染していたならば、パートナーも感染している可能性が大変高い」ということです。一緒に治療を行うことが必要です。また一方の治療が不十分な状態で性交があると再度相手に感染させてしまうので、2人とも菌が出ていないことが確認できるまでは性交を避けることが必要です。

菌により治療法が異なるので、病院を受診される事をお勧めします。特に淋病は、抗生物質が効きにくくなってきており、専門の先生方でも治療に苦労されているので、泌尿器科の受診をお勧めします。

性病でどうしても病院に行きたくないという方のために

そのままにしたり、ご自身の判断で抗生物質を服用されることは良くないので、参考までに治療の方法を書いておきます。(抗生物質の選択は、先生によっても異なりますので一例ということでご理解下さい。)

まずは、郵送で検査を行える検査キットがあるので、検査を行ってください。

クラミジアの場合では、ジスロマック(アジー1000mg)を1回だけ服用して下さい。(心配になる方もおられるかと思いますが、長く効く薬なので1回だけで構いません。)

毎日服用したい方にはクラビットを1日1回2錠を1~2週間服用する方法もありますが、ジスロマックの方法が効く印象があります。

淋菌の場合は、オーグメンチンを1日4回(毎食後、眠前)で1回1錠で1週間服用してください。ただ、淋菌はなかなか治らないことが多いので、オーグメンチンで治癒するかどうかはわかりません。

病院では、薬で治療を行ってから、再度検査を行い、菌が消えているかどうかを確認します。

コメントをどうぞ

プロフィール

先生イラスト

【ニックネーム】すぎやま先生
【性 別】男性 【血液型】A型
【専 門】内科医

バイアグラ・ヘアケア・薬の総合通販のベストケンコー
現役医師への無料相談受付中!