現役医師によるお薬の正しい使用法と解説ブログです。ジェネリック医薬品とブランド医薬品の違いやお薬の正しい服用方法などを解説。

勃起障害は中高年だけの悩みではない

2013
02/21

EDハネムーン以前にも、心因性(気持ちや心の問題)による勃起障害(ED)があることはご紹介させていただきました。これは決して、中高年だけの問題ではありません。

若い方も悩んでいらっしゃる方も多くいます。うまくいかないと自信を失ってしまい、性交渉をしたくなくなる、してもうまくいかない等の悪循環に陥ってしまうことも多々あります。

ハネムーンED(新婚ED)というものがあります。これは、結婚初期に性交渉が満足に行えない状態を言います。日本人のデータでは、ハネムーンEDにて受診された方の平均年齢は32.6歳で、結婚までに性体験がない方も30%いらっしゃったようです。

ハネムーンEDの方にシアリスを用いると約91%の方で性交渉が可能となり、全体の約76%の方が1か月以内にシアリスが不要になったとのデータもあります。(今回はシアリスのデータをご紹介しましたが、バイアグラ100mgレビトラ20mgでも効果は得られると思います。)

ED薬は、一度使い始めると一生使い付けなければならない?

ED治療薬は、一度使い始めたらずっと使い続けるなどといった間違った先入観で使用を躊躇されていらっしゃる方もいるかも知れません。特に心因性の方は、薬の力を借りてきっかけを作ってあげることで、自信を回復し、薬を使用しなくてもできるようになることも多々あります。

性交渉は、その行為だけでなく、行うことにより良好な夫婦(男女)関係を構築することは間違いありません。最初に薬を使用することに躊躇される方もいらっしゃるのは事実ですが、お悩みの方はお試しでという気持ちで使ってみることを考えられてもよろしいかも知れません。

シアリスで夫婦関係を改善

今回ご紹介したシアリスは20mgを前夜に服用してください。食事の影響を受けないため、食前、食後、眠前などお好きなタイミングで構いません。(最初、半量の10mgから始めて効果を見たいという方は、それでも結構です。その際にはピルカッターで半分に切ってください。)薬をうまく使って、より良好な夫婦関係を築けるといいですね。

コメントは受け付けていません。

プロフィール

先生イラスト

【ニックネーム】すぎやま先生
【性 別】男性 【血液型】A型
【専 門】内科医

バイアグラ・ヘアケア・薬の総合通販のベストケンコー
現役医師への無料相談受付中!