現役医師によるお薬の正しい使用法と解説ブログです。ジェネリック医薬品とブランド医薬品の違いやお薬の正しい服用方法などを解説。

ピルの購入方法について

2014
07/09

ピルの購入方法

産婦人科と一部の皮膚科や美容クリニックなどで処方していただくことができます。ただし、ニキビの専門家である皮膚科でも先生によってピルを出す、出さないは異なりますので、ピルを使用してみたいのであれば産婦人科に行かれることをお勧めします。

しかし、ピルを病院で処方してもらう上で、保険が効かないことが多いです。通常、私達が受診する場合には受診にかかるうちの3割(高齢者などではそれ以下)を支払いしています。しかし、ヤーズなどは月経困難症であれば保険適応になりますが、多くの方が保険適応にならないのが現状です。費用は病院によって異なり、受診料・処方料・検査料などで約5000円~6000円前後、1ヶ月分の薬代で2000~3000円程度です。


費用のことを考えて個人購入される方も多いですが、何かおかしいと感じた場合には必ず受診するようになさってください。

第2世代 トリキュラー
マイクロジノン
第3世代
(ニキビ治療にも有効)
ノベロン(マーベロンジェネリック)
ダイアン35
ジネット35(ダイアンジェネリック)
第4世代
(ニキビ治療にも有効)
ヤスミン
ジャニャ(ヤスミンジェネリック)

コメントは受け付けていません。

プロフィール

先生イラスト

【ニックネーム】すぎやま先生
【性 別】男性 【血液型】A型
【専 門】内科医

バイアグラ・ヘアケア・薬の総合通販のベストケンコー
現役医師への無料相談受付中!