現役医師によるお薬の正しい使用法と解説ブログです。ジェネリック医薬品とブランド医薬品の違いやお薬の正しい服用方法などを解説。

スポラノックス(イトラコナゾール)の服用方法

2012
05/28

本日は、水虫の治療などに使われるスポラノックス(イトラコナゾール)の服用方法について解説したいと思います。

スポラノックス(イトラコナゾール)は、塗り薬で治りにくい水虫などに用いられます。

他にも、カンジダなどの真菌感染症にも使われますが、代表的な水虫に対する飲み方について説明させていただきます。

スポラノックス(イトラコナゾール)の注意点

抗真菌薬の飲み薬では、副作用として肝臓の機能が悪くなることがあります。そこで、病院では定期的に血液検査(1ヶ月に1回程度)をします。この検査に異常が見られた時には治療を中断して、肝臓の機能が回復するのを待つ必要があります。

他に飲み合わせの良くない薬もあるので、他の薬を飲まれている方はご自身の判断では服用しない方がいいと思います。また、胎児に影響があることがあるので、妊婦の方は使用しないでください。

スポラノックス(イトラコナゾール)の飲み方

イトリゾールの服用方法は変わっていて、1回4錠を1日2回、朝夕の食後に1週間飲み続け、その後3週間は休薬します。これを3回繰り返します。爪が生え変わるのには6カ月以上かかるので、待つだけです。

その他の水虫のお薬ラミシール

同じ水虫の薬としてラミシールという薬もあります。こちらの場合には1回1錠を毎日朝食後に約6ヵ月間飲み続けてください。

薬の選択は、どちらでも構わないと思います。どちらの薬も8割以上の方に効果があると言われています。治るまでの期間も変わりません。飲み方や価格など、ご自身の希望で選んでいただければと思います。

コメントをどうぞ

プロフィール

先生イラスト

【ニックネーム】すぎやま先生
【性 別】男性 【血液型】A型
【専 門】内科医

バイアグラ・ヘアケア・薬の総合通販のベストケンコー
現役医師への無料相談受付中!