現役医師によるお薬の正しい使用法と解説ブログです。ジェネリック医薬品とブランド医薬品の違いやお薬の正しい服用方法などを解説。

ジェネリック医薬品とは

2012
02/08

ジェネリック医薬品

「ジェネリック医薬品」や「後発医薬品」って言葉は聞いたことがある方は多いと思います。(どちらも同じ意味です。)昔CMでもやっていましたよね。

ジェネリックを上手く使うことにより、皆さんが払う医療費を下げることができますので、どういうものなのかご説明したいと思います。

ジェネリックって何?

薬を開発した企業には特許権があり、約20年間はその権利が守られています。しかし、その権利がきれた時には、他の企業が、全く同じ成分の薬を出すことができます。

この後から発売された全く同じ成分の薬のことを“ジェネリック医薬品”といいます。ジェネリック品は以前からあるものと同等の効果を持つことを証明されていることの証明のための試験が必要とされます。

ジェネリック品が安い理由

病院で処方される薬の値段は、日本中で同じ値段で定められています。

薬を開発するためには、かなりの金額がかけられています。そのために、先発品(最初に開発された薬)は金額が高く設定されていますが、後から出るジェネリック品に関しては開発費用がかかっていないので、安く設定されています。

次回はジェネリックを処方してもらう方法についてお話したいと思います。

海外の薬通販ベストくすり

コメントをどうぞ

プロフィール

先生イラスト

【ニックネーム】すぎやま先生
【性 別】男性 【血液型】A型
【専 門】内科医

バイアグラ・ヘアケア・薬の総合通販のベストケンコー
現役医師への無料相談受付中!