現役医師によるお薬の正しい使用法と解説ブログです。ジェネリック医薬品とブランド医薬品の違いやお薬の正しい服用方法などを解説。

インフルエンザ 2012-2013

2012
12/17

もうすでにインフルエンザが流行っている地域の方もいらっしゃると思いますが、正月の帰省などで、全国的に広がってきます。

インフルエンザの予防接種を考えていらっしゃる方で、まだという方は早めに行っておいたほうがいいかと思います。

4年ほど前にインフルエンザの治療薬であるタミフルが効かないインフルエンザウイルスが流行し、それ以降は、タミフルに関して否定的な考えをお持ちの方もいらっしゃったと思います。

しかし、2008-2009年に流行したタミフルの効かないインフルエンザウイルスは既に消滅しているようで、インフルエンザに対して、タミフルなどのインフルエンザ治療薬を用いてしっかりとした治療を行うことが重要です。

小児患者においてタミフルの服用後に異常行動が見られたことも話題になりましたが、治療薬剤の種類によらず、インフルエンザ自体によって異常行動を起こすをいう意見が強くなっています。

インフルエンザにかかった後に異常行動を起こした方の42%は、服薬治療を行っていない方でした。また、リレンザ、イナビル、ラピアクタといった、近年発売された物を含む他のインフルエンザ治療薬の服用後に異常行動を起こした方も報告されています。

タミフルは歴史が他剤より長く、使われている数も多いので異常行動が多く見られたと考えます。どの薬にも副作用というものは考えなければいけませんが、異常行動を起こした方の42%が未治療であった結果をみると、インフルエンザ治療薬で適切に治療を行うことが重要だと思います。

以前にインフルエンザの記事も書いていますので、薬の使い方はそちらを参考にしていただけると幸いです。

過去のインフルエンザ関連記事

コメントは受け付けていません。

プロフィール

先生イラスト

【ニックネーム】すぎやま先生
【性 別】男性 【血液型】A型
【専 門】内科医

バイアグラ・ヘアケア・薬の総合通販のベストケンコー
現役医師への無料相談受付中!